オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ソフトウェア

人事電話

このERPというソフトウェアは、上記で記述した基幹業務プロセスに必要なそれぞれの機能を、あらかじめ持っているソフトウェアです。

このソフトウェアに現在使用している体系を同調させ、システムとして管理します。
そうすることによって今まで手の届かなかったところにまで管理を行き届かせることが出来ますので、企業の細部まで無駄やムラの無い管理をすることができます。
つまりは、企業全体にある今までバラバラだった個々のシステムを統合化する役割を持つ情報共有システムです。

パッケージ

人事部

ERPソフトウェアの導入により、各種部門や業務プロセス(調達、製造、物流、在庫管理など)が個別に管理している各種資源を統合的に管理できるようになります。
結果、合理的な業務遂行・情報共有が促進され、関連の深い業務どうしを密に連携できるようになります。
ERPソフトウェアは昨今、さまざまな種類が登場してきています。

従来はパッケージ化されたものを各企業向けにカスタマイズして導入するケースが多かったですが、最近はクラウド上に用意されているサービスを利用する形態も登場してきました。
導入のハードルが低い分、比較的規模の小さい企業でも導入しやすい点がメリットといえます。
企業内情報共有の一助として、導入を検討してみる価値はあるといえます。

ERP導入のメリット

情報提供

ERPは、簡単にいえば「企業内の資源(人、モノ、金、情報)を合理的、効率的に利用するために適切に配分して、企業内情報共有を最大化する考えかた」のことです。
一般的には、そうした全体最適を推進するためのIT統合システムパッケージソフトウェアのことを指すことが多いでしょう。

企業活動が一定の規模を超えると、各部門毎に業務が専門化されて部分最適化され、部門間の情報共有が滞りがちになります。
こうなりますと、企業活動の成果が出しづらい環境ができあがってしまい、企業全体としてデメリットでしかありません。
こうした組織上の問題を、ソフトウェアを導入することで解決しようというのが、ERP導入の目的です。